下着のカタログにときめいてしまった

下着の通販のカタログを見ていて、とっても可愛いルームウェアを見つけました。

ルームウェアにまで気を遣っている人って、どれくらいいるんでしょうかね。

私は普段ヨレヨレのスウェットばかりで、ちょっとコンビニまで行くのすら気がひけるレベルのだらしなさです。

なので、デザインがちょっと可愛いくて、コンビニや軽いお散歩くらいは行けちゃうくらいのルームウェア、欲しいんですよね。

でも、こんなところでも私の貧乏性がすぐ顔を出すのが困りものです。

ルームウェア買うくらいなら、普通にワンピースとか買ったほうが普段にも使えるしいいんじゃないか?と思ってしまうんです。

ルームウェアといえどもそこそこお値段はしますし・・・

ただ、ルームウェアとしてしっかり作られたものって、やっぱり着心地が違うんですよね。

どこにも締め付ける部分がなく、ゆったりしてリラックス出来る作りになっているんです。

昔は見た目ばかり重視していましたが、最近は着心地の良さにもこだわりが出てきました。

あのカタログに載っていたルームウェアを着て、温かいココアでも飲みながらまったりしてみたい・・・妄想中です。

個人的に古本は傷んでる方が嬉しい

最近良く古本を買うようになった。

子供の頃はなんでも新品じゃなくちゃいけないと思い込んでたんだけど、大人になってからはむしろ古い方が全体的に味があるみたいな考えになってきた。

図書室にあるような本は大抵古本だったから、傷んだ表紙や黄変したページには特に抵抗が無いんだよね。

で、最近はネットの古本屋をよく利用してて、こないだも数冊買った。

どれも一冊1円で、送料の方が高いって言う品物。

綺麗な状態の、それこそ新品じゃないかと思うような物もあれば、

雨に濡れて全体的にしおしおになったのもある。

この場合、しおしおになってる方がちょっと嬉しかったりする。

いや、新品を買ったのにそう言う状態が届いたら「こんちくしょう!」って感じにはなるけどね。

古本を買えば古本が届くのは当然じゃ無いですか。

本の内容も楽しみだけど、本がどれだけ古くなってるかって言うのも古本を買う醍醐味だと思うんだよね。

その点今回買ったのは良い具合に古本だったなあ。

帯の上から何かこぼしたような跡があって、裏表紙の下の方がゴワゴワしてるの。

中身も下の方が黄変してる。

でもページへの折込や書き込みは無くて、読むのにはなんの問題もないって言う状態。

良い買い物が出来ました。

子供が歌う、うろ覚えの歌

先日、買い物のために近所のスーパーに行った時の事です。

私はお弁当の値下げを狙って、夕方にそのスーパーに行ったのですが、皆考えは同じ。お惣菜・弁当のコーナーでは、非常に多くの人が、目をギラつかせてお得な品を探していました。

私も目をギラつかせて、少しでもお得な、カロリーを摂取できる弁当を探していると、どこからか幼い子供の歌声が。

「チキンバーガー、ど~んぶり♪」

たしかに、そう歌っているように聞こえました。その時は弁当探しに夢中でなんとも思いませんでしたが、今思えば、

「いやいや。チキンバーガーはどんぶりには盛り付けないだろ。」

とツッコミたいところです。

こういう経験は、1度や2度ではありません。どうも小さい子供というのは、CMなどで聞こえる歌を、中途半端に覚えてしまうようです。本人はCM通りに歌っているつもりなのでしょうが、ものすごくツッコミたくなる歌詞ばかり。

今覚えているもので、他にもツッコミたい歌詞といえば

「白菜、椎茸、ウィーンウィン♪」

というものを、やはり幼い子供が歌っているのを聞いた事があります。

ニンジン、の音が何か間違ってウィンウィンになってしまったのでしょう。そうなのでしょうけれど、白菜と椎茸がWin-Winになる状況って、どんな状況なんでしょうね。

B型肝炎の原因と訴訟について

B型肝炎とは、B型肝炎ウイルスを含む血液や体液が、体内に侵入することによって起こります。ウイルスが肝臓に感染することで炎症が起き、肝硬変や肝がんの原因になると言われています。肝硬変になると、肝臓が硬く、働きが鈍くなり、全身のだるさや食欲の低下に苦しむことになります。肝がんはその名の通りがんですから、治療のつらさやかかる費用は多大な負担になるでしょう。

では、B型肝炎ウイルスは、どのようにして体内に入り込むのでしょうか。一般的な感染方法としては、ウイルスに感染したパートナーとの性交渉が挙げられます。自分が感染していると気づかず性交渉を行い、意図せず被害を拡大させてしまうという事態も起こり得ます。また、子どもも感染する可能性があります。B型肝炎ウイルスに感染している女性が妊娠し、子どもを産んだ場合です。出産に限らず、子どもがケガをした傷口からウイルスが侵入したという事例も過去にありました。

身近にB型肝炎ウイルスの保持者がおらず、普通に暮らしていれば、感染することなんてないんじゃないかと考える方がいるかもしれません。しかし、過去に行われた集団予防接種により、日本国内の感染者は最大で40万人いるという厚生労働省の統計があります。先述の通り、自分が感染していると気づかずに生活している人がいるかもしれないのです。この集団予防接種は、昭和23年から昭和63年に行われた予防接種やツベルクリン反応検査を指します。注射器の使いまわしにより、大勢の感染者を生んでしまいました。

国を相手取って裁判を起こし、対象者と認められることができれば、給付金を受け取ることが可能です。その額は、状況によって、50万円~3600万円と幅があります。実際に集団訴訟も起きました。平成23年に国と訴えを起こした原告との間で基本的な合意がなされ、給付金制度が確立するきっかけとなりました。平成24年には特別措置法が制定されたため、現在では法に基づいて給付金が支給されています。B型肝炎給付金には請求期限がありますので注意が必要です。

弁護士に頼らず訴訟を起こすこともできますが、書類の作成等の細かい部分を考えると、弁護士に依頼したほうが負担は少ないと言えるでしょう。弁護士費用はかかりますが、費用のうちの4%は国からの補助があります。和解までは早くて半年ほど、だいたい一年が目安です。もし、対象になるのであれば是非参考にしてみて下さい。

不倫につながる出会いの場

不倫につながる男女の出会いの場。それは、不倫カップルが既に生まれている場、です。不倫という言葉がすっかり定着した今、世間一般の拒否反応とは真逆で、実際のところは、不倫に踏み込むハードルは以前より低くなっています。

そこに加えて、恋愛賛美の風潮。地道な婚活に励む人たちがいる一方、不倫でもいいから恋愛したい!という人は実は少なくありません。それどころか、禁断の不倫だからこそ、恋愛感情が高まるというのが、人間の心理なのです。が、やはりそこには道徳観というブレーキも存在するのが、真っ当な大人。そのブレーキが、周りに既に不倫に陥ったカップルがいるということで多少緩まる、というわけなのです。巷でよく聞く、不倫につながる出会いの場の一つに、同窓会があります。

同窓会に出席する人は、実はそれなりに生活が充実している人たち。そんな満たされた気持ちを、さらに満たしてくれるのが既婚者の恋愛、というわけなのですが、もちろん全く健全な同窓会もたくさん行われています。というより、健全な方が多いはず。不倫カップル誕生の場となる同窓会は、既に不倫に至ったカップルがいて、そういう雰囲気が漂っている。そしてまた新たなカップルが誕生し、また次も、とつながっていくわけなのです。同じことが、職場での不倫にもあてはまります。

全く健全な職場もあれば、やたらとそういうカップルが多く、不倫の出会いの場となっている職場もある。不倫気分は伝染するもの、かもしれません。