自由に絵を描いたり工作することは楽しい

子供のころあまり図工の時間が好きでなかったような記憶があります。幼稚園の図工に時間は、のりが手についてベタベタしたり、折り紙がくちゃくちゃになったり、あまり楽しくなかったことが思い出されます。素材や色合いへの違和感、うまく描けないいらだちなどがあったのでしょうか。

小学校の図工では、コラージュは楽しかったし誉められた思い出があります。。細かい作業が好きで、画面いっぱいにいろいろなものを貼り付けて、かなりはまって作業しました。

そういうわけで、図工関係には苦手意識があったのですが、大人になってから、パステル画や透明水彩に出会い、絵への興味が開かれました。それには、パステルや水彩絵の具という画材の魅力が大きいと思います。美しい色合いや自らの手で創作する喜びがあります。小学生、中学生のころ思っていたような「写実的にきれいに描かなきゃいけない」という思い込みがなくなったのも理由だと思います。

絵が苦手という人は自分の周りにも多いのですが、何かを作る喜びやきれいなものを愛好する気持ちは誰の中にもあると思います。絵の好きな人に感化されたり、好みの画材や手法に出会ったり、誰かの絵に感動したり、ちょっとしたきっかけで、絵や造形への興味を取り戻すことはできると思います。