薬剤師求人応募に対する気持ちの持ち方とは

今や無料でいくらでも閲覧出来るネット求人サイトや地域求人誌のフリーペーパーを始め、薬剤師に関する求人案件を探す手段は大きく広がりました。現在でも薬剤師求人を専門に扱う会員制の求人サイトは高い信頼性と人気を誇っていますが、やはりそこで採用に有利となるのは新卒あるいは中途採用でもキャリアの豊富な人であり、薬剤師の実務経験の少ない人や長いブランク明けの人にとっては即採用には繋がり難いものです。

こうした専門サイトの一部ではこうした不利な条件の人に対するサポートも積極的に進めているのは事実ですが、会員登録したからと言って安心出来る訳ではなく、自ら能動的に動かなければその様な充実の制度を活かす事は出来ないものなのです。

むしろその様なサイトで受動的に求人案件を待ち続けているよりも、一般の求人情報の中から積極的に自分に合う薬剤師の求人を探してきた方が解決は早いケースもあるもの。特に一般の求人誌にまで積極的に求人広告を載せる業者や店舗は、それだけスタッフ確保に切迫している証拠であり、多少のブランクや無経験というリスクはやる気次第で問わないというケースも多いのです。ダメ元でこれらの求人を幾つか当たり採用してくれる業者や店舗があればしめたもの。そこで実際の業務経験を積む事が出来、例えその職場がマッチしなかったとしても、しばらく我慢しそこで働いた上で、次の転職に向け活動する際に大きなアドバンテージとなるのです。

ただいくら職場がマッチしなかったからと言ってもわずか数カ月で辞めてしまうのは考えものでしょう。少なくとも年単位は我慢しなければ、次の転職の際にまっとうなキャリアとして応募先が見てくれないケースが多いからです。ブランクや無経験といったリスクを承知であえて採用してくれた業者や店舗なのですから、始めは辛くとも我慢して仕事を覚えこなし続ける事が最も重要である事に間違いは無いのです。

場合によっては最初は辛くとも仕事を覚えるうちに次第に楽になり、職場で殆どストレスを感じなくなるケースもあるものです。スタッフ同士の人間関係が比較的ドライで事務的な薬剤師の職場ですから、一度仕事に慣れてしまえば親密過ぎる職場よりは精神的に楽となり、返って長く働けるという人も結構いるものなのです。

念願のフライングタイガーに行きました

先日、初めてフライングタイガーという雑貨屋さんに行きました。

テレビで見ていて、すごく気になっていました。

お店は今、話題なだけあり、とても混雑しています。

そして、どの商品も魅力的なものばかりです。

しかも、すごくリーズナブル。

さっそく、買いものを始めました。

まず、目についたのが、文房具。

外国の物だけあって、すごくおしゃれです。

メモ帳とペンセットを購入。

そして、キッチン用品も充実しています。

お皿やカップ、とても手頃です。

これも、パーティー用に購入。

どれも、手頃な値段で買えてしまうので、

お会計の時には、かなりの量になってしまいました。

そして、チリも積もればで、手頃だったはずのお会計も大幅アップしていました。

でも、たくさん買いもの出来たので、大満足です。

他にも色々な雑貨屋さんが出来ているようなので、

近いうちに行ってみたいと思います。

雑貨屋さんは見ているだけで、とっても楽しいです。

買えば、もっと楽しめますが…。

スマホが地震の揺れをキャッチするアプリが登場

スマホを地震計代わりにして、揺れのデータを集めて警報に役立てるアプリが開発されています。

地震の揺れは、落としたり踊ったりした時の揺れとは異なり、9割の確率で区別出来るようになっているそうです。

一人だけが地震の揺れを観測することはないはずですので、地震があった場所の人達のデータが揃うことで、揺れを認識するようにすれば、確率はさらえに上がってくるでしょう。

揺れの震源をキャッチすることが出来れば、揺れていない場所の人に早く揺れを教えることが出来るようになると言うのです。

極めて画期的なアプリの開発で、絶対に役に立つアプリだと思います。

人間の想像をすぐに実現に結び付けてしまうところが、現代の科学の力なのだと思います。

分からないことばかりで、スマホを使いこなすことが出来なくても、スマホから教えてくれるならありがたいことですね。

色々なうさぎと触れ合うことが出来るうさぎカフェ

身近にうさぎを触ることが出来るのがうさぎカフェです。うさぎカフェでは時間単位で触れることが出来るだけではなく、エサなどもあげることができます。うさぎは癒しをしてくれる存在でありますが、飼うとなると考えなければいけないこともあります。出張や旅行の際にはうさぎホテルに入れたりする必要があったり、飼うにあたりうさぎ商品なども購入しないといけないので、飼うだけでも費用は多く掛かってしまいます。

その点、うさぎカフェの方が触れたい時に行けばいいので、お世話などもしなくても良いために一人暮らしの人でも問題なく通うことが出来ます。うさぎカフェにもよりますが、多くのうさぎがいるので色々なうさぎを触ることができるために、気にいった子を見つけることもすぐに出来ますので、次回以降はその子に会いにうさぎカフェに通えば良いのです。

このようにうさぎカフェは癒しをもらいたい時だけ通えばいいので、日頃の疲れを癒したもらうのに良いでしょう。

小じわの悩み!口コミ参考にしてアヤナス買いました

同い年の友人に比べると小じわが多いなと悩むようになりました。敏感肌だと老化が早いと聞いていましたが、その通りだなと思います。ずっと敏感肌で化粧品を変える時はすごくドキドキします。でも今使っている化粧品だと肌に浸透していかなくなり、肌に合わなくなってしまったので、別の化粧品を買うことにしました。

買った化粧品はアヤナスです。アヤナスの口コミで良いと知ったので購入しました。ちょっと不安でしたがつけてみると肌にグイグイと浸透していき、もちもちの肌になったので感動しました。もちろん痛くなったりすることはありません。肌にとても優しいなと感じました。使っているとどんどん肌にハリを感じるようになり、半年ぐらい使っていますが小じわがほとんどわからなくなりました。

鏡を見ることが嫌だったのですが、今はとても楽しく、これからも美肌を維持する為にアヤナスを使います。

祖父が亡くなった

祖父が亡くなりました。祖父とは家が離れていたこともあり、あまり会うことはありませんでした。しかし、突然白血病になり、余命が2、3ヶ月と医師に宣告されました。あまり話したことはなかったのですが、祖父の様子を見に、行きました。

祖父はもう動くのもしんどそうにしていました。熱もずっとあるようで、とても心配になりました。で、その日は祖父の家に泊まりました。晩ごはんにエビを食べていると、祖父がやってきて、その食べ方は違う、こう食べるんだと教えてくれました。祖父は海の近くで育ったので、海鮮物にとても詳しかったのです。

食欲は殆ど無いはずだったにも関わらず、祖父は僕に食べ方を見せるために大きなエビを一匹まるまる食べました。ほとんど話したことがなかったけれど、もっといろんなこと教わりたいと、その時思いました。それから電話とかもちょくちょくしていたのですが、残念ながら祖父は息を引き取りました。

家にどこかの猫が遊びに来ました

家で掃除をしていると、庭に見たことのない猫が遊びに来てました。

首輪もしてないので飼い猫じゃないのかなと思いましたが、多少は人間に慣れている様子。

じっとこちらを見ていたのですが、手を差し出して振ってみると少しずつ近寄ってきてくれました。

近くで見てみると毛並みもそんなに悪くないのでやっぱり飼い猫なのかもしれません。

そういえば地域猫なんて話を聞いたことがありますね。

地域で野良猫の世話をするという考え方で、避妊手術なども受けさせるようです。

そういうところの猫はやっぱり毛並みもいいのかな、なんて思いながら相手をしていると飽きたのか庭から離れてどこかに行ってしまいました。

時間にしてわずか数分でしたが、なんだか楽しかったです。

また来てくれるのかどうかはわかりませんが、来てくれたらまた数分だけでも遊んでほしいなと思っています。

マイホームのクローゼットに力を入れる

最近はマイホームの内装を綺麗にしたいと思い、インテリアの勉強を少しだけしています。インテリアというと、なんだか難しそうなイメージを持っていたのですが、本を読んでみると、素人でも意外とオシャレにできることが分かりました。

分野は違いますが、今はグラフィックデザイナーとして働いているので、デザインしたりアイデアを出したりするのがすごく楽しいと感じます。

自宅のインテリアで一番今変えたいと思っているのが、クローゼットです。クローゼット言っても最近の家にあるようなウォークインクローゼットなどでなく、昔の押入れにちょっと毛が生えたような感じの代物です。衣服がすごく多くて収まりきれないので、使ってない部屋のインテリアを変えて、ドレスルームにしようかと思っています。

イメージとしてはおしゃれなドレスルーム(参照:www.homify.jp/rooms/dressing-room)のようなのをイメージしています。

リフォームをするほど予算もないので、とりあえず少しだけ変えてそれらしくなればいいな~と思います。

大切な日々を過ごしていきたい

短編小説を読んだのですが、初めから終わりまで悲しかったですね。

内容を簡単に説明すると、主人公が交通事故に巻き込まれ耳、目、鼻、内臓殆どが

機能しなくなり、ただ左指だけがかすかに動くのです。主人公の妻が毎日お見舞いに来るのですが、

会話は妻が主人公の手に指で文字を書いてそれを主人公が指で答えるという

あまりにも辛い内容でした。皆さんがもし耳も聞こえず何も見えない暗闇の中で

ずっと生きていかないといけないと決めれてしまったらどうですか。

私は、その話を読みながら堪らない気持ちになり、怖くなりました。

妻とも話しができないでただ指を使っての会話のみ、妻の顔も見れないなんて耐えられないです。

改めて普通に話せて目と耳で感じることがこれほどまでに有難いことかと

思い感謝しています。これからも自分の身体を大事に、一日一日を大切に

過ごしていきたいと思います。

本田健さんのお勧め本

本田健さんと言えば、自己啓発、お金、ビジネスなどの本を数多く出し、セミナーも数多く開催しています。あなたも彼の本を読んだり、本田健 セミナーに参加したことがあるかもしれませんね。私も彼の本は何冊か読んだことがあります。私が読んだ彼の本の中で、良かった本を紹介します。

その本は、『ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇』です。ユダヤ人大富豪の教えシリーズは彼の代表作で、本田健さんというとお金やビジネスというイメージですが、ふたたびアメリカへ篇は人間関係について書かれています。彼の今までのイメージと少し違っている本です。

本の内容を簡単に説明すると、人間関係のマトリックスはポジティブーネガティブの軸と自立ー依存の軸から成り、ポジティブ自立、ネガティブ自立、ポジティブ依存、ネガティブ依存という4つのタイプがあり、相手によって立ち位置が変わるということです。理想的なのは、自分の立ち位置と相手の立ち位置を把握して、お互いがセンターに近づくようにすることです。

確かに考えてみると、私も相手によって自分がネガティブ自立に居たり、ポジティブ依存に居たりとしていることに気が付きました。人間関係は人生を区福にも不幸にもします。人間関係を調節して幸福になるという点で、ふたたびアメリカへ篇は良い本です。