最近人気急上昇のフィリピン留学

従来の英語研修留学先としてはアメリカ、イギリス、カナダ、オーストラリアなどがおおかったのですが、最近フィリピン留学とういのが流行しています。英語の学習先でなぜフィリピン?と思う方も多いかもしれませんがこれには訳があるようです。

英語留学には費用がかかるのがつきもの。欧米の語学学校に通うと1か月で数十万円かかるのが当たり前です。でもフィリピンの場合、もっと安いのです。そんな安いのなら質が悪いのかというとその逆で、安いのにマンツーマンレッスンが出来るのです。だからリスニング・スピーキングを強化したい人にはとっても嬉しいチョイス。

日本人向けの日本人経営の語学学校も増えてきているようです。それは日本人ならではの需要があるからです。例えばTOEICの得点を伸ばすようなコースです。TOEICの点数を徹底的にアップさせるためのコースがあり、宿泊施設でも缶詰になって勉強する内容だとか。ブログでこれまでコースを受けた方の体験談もあるので口コミで広がったのでしょうか。日本人が多いかもしれないですが、フィリピンに行く人の目的は国際色豊かなクラスメイトと交流するよりも、スコアアップなどの目標重視。だから問題ないんです。同じように韓国人経営の語学学校もあるようですね。今韓国で多いのは、フィリピン留学でがっちり勉強した後、他の英語圏の国にワーキングホリデービザで行きそこで仕事をしたり、さらに英語を学んだりというのだそうです。

英語力が伸びるのであればフィリピン留学も選択肢の一つとしていいのではないでしょうか?割とトロピカルな気候ですし、フィリピン人の方々は性格も明るくまた一味違う英語留学が出来ると思います。

フィリピンの留学事情ならネットでもたくさん見かけることができるのでおすすめですよ!

春の日の午後に散歩に出かけてみました

日頃の運動不足を解消するため、ウォーキングシューズをはいて散歩に出かけてみました。春は暖かいので外を歩いていると、口笛を吹きたい気分になってきます。住宅街を抜けて堤防にたどり着くと、菜の花が一面に咲いていてとてもきれいでした。

黄色い花を咲かせた菜の花はまぶしいくらいに鮮やかでいつまでも眺めていたくなります。しばらく歩いていると、今度は愛らしいれんげが咲いている場所を発見しました。子どもの頃、友達と一緒にれんげで花輪を作り、頭に飾ったのを思い出します。れんげのそばには、小さなみつばちがぶーんと楽しげに飛んでいました。れんげとみつばちを見ていると、なんとなくれんげはちみつが食べたくなってきます。

公園に植えられた桜の花びらはすでに散り、葉桜になっていました。少し残念な気がしましたが、さわやかな黄緑の葉っぱも悪くありません。葉桜を眺めていると、甘い桜餅が食べたくなります。

ファーストレディにしてあげる

サワコの朝に、太田光・光代夫婦が出演していました。社長と所属タレント、そして夫婦という微妙な間柄も見え隠れしましたが、相性が良い2人に見えました。

太田が飲み会後、仲間のタレントを送り、また光代さんの家に戻りそのまま居ついたそうですが、その時に手を握ってずっと離さなかった話にはシャイな彼の性格が出ている気がしました。

そして、ファーストレディにしてあげると言ったと光代さんが言っていて、大笑い。結構、顔に似合わず大胆な事を言うな~なんて、新たな発見をしました。

でも、光代さんが爆笑問題の才能を信じていたから、今の2人がいるんでしょうね。話を聞いていても、チャンスをしっかり掴むタイミングを知っているというか・・・。社長の器です。

それに、きつそうに見えてチャーミングだし。「ここまでくるのに、みっちゃんがいなかったら」の阿川さんの質問に、「わかってます」と答えていて、可笑しかったです。

復縁は第三者に任せると上手くいきやすい

男性が女性、もしくは女性が男性に復縁を持ちかける場合、当人同士だけでその話を進めずに第三者をまじえて話を進めると上手くいきやすいです。一度関係がこじれてしまっているわけですから、それを元に戻すのは決して容易なことではありません。たとえ当人同士で話し合ったとしても、感情的になってさらにこじれてしまうということもあり得ます。ただ、そんなときに第三者の存在があれば、復縁についてどちらも冷静に考えることができます。

この第三者の条件ですが、お互いのことをよく知っていて信頼できるような人物が望ましいです。それは、共通の友人というのが最もそれに当てはまりやすく、そうした友人がいれば復縁について相談に乗ってもらうのが良いと思います。

当人同士で話をしても感情的になりがちですが、第三者の友人にならば思いの丈を偽りなく伝えることができますし、それによってその第三者が上手く仲を取り持っていけば、案外すんなりと復縁することができるのではないでしょうか?男女が付き合うときに共通の友人が仲介していたという話はとてもよく聞きますが、それは復縁においても当てはまることだと思います。

復縁ができるかどうかをあえて他人任せにしてしまうことで2人の関係を客観的に見つめ直すことができますし、復縁に第三者を差し挟むのは悪くない試みだと私は思っています。

参考:http://ameblo.jp/oex224w/

幸せを見出すことができる保育士求人

岡山に住む私の知り合いが、保育士求人の募集に応募をして採用されました。

いわゆる、男性保育士として働き始めたのです。

男性保育士は女性保育士に比べて少ない傾向にありますが、男性ならではの役割も多いようで、張り切って働いています。

病棟保育士、病院保育士にも男性保育士が働いている場面を見たことがあるために、需要があるのだと伺えます。

その男性は、10代の頃から子供が大好きであり、公園に行っては子供の遊び相手を受けていたこともあるくらいの子供好きなのです。

自分の心が幼いから子供と過ごすことが好きと言い、隠れんぼやなりきりごっこも心から楽しんでいるようです。

最初は理系の学校に通っていたものの、自分に合わないと判断し、人と付き合う仕事をしたいと思い始めて進路を変更しました。

学校に通いながらも、インターネットを通じて子供の相談を引き受けたり、知り合いの子供と遊んだりと、子供との接触は欠かさなかったそうです。

ここまで子供が好きな人間は、女性にも中々いないのではないでしょうか。

同年代の人間や、年上の人間と付き合うよりも、子供の世話を見ていることに充実を感じられるようであり、天職なのだと伺えます。

保育士の資格を取った頃には、彼は30代なかばになっていました。

それまでに、大学を変えたりと、寄り道をしていたためです。

念願かなって保育士の仕事にありつけた今は、天職だと毎日笑顔で保育士の仕事をこなしています。

彼は未婚で子供がいないので、まるで自分の子供のように保育所の子供をかわいがっているようです。

子供の面倒を見ることができて幸せだと言い、子供と手紙のやり取りをしたり、日々折り紙の勉強をしたりと、励んでいます。

お給料や勤務時間には、頓着しておらずにとにかく仕事が楽しい、毎日仕事に行くのが楽しみだと、心からやりがいを持っています。

他の仕事では得られないような素晴らしいものが、保育士にはあるのだと思われます。

思いやり、人間性、心理学、子供の人間関係など、毎日観察して勉強になっているようです。

保育士になりたがる人はとても多いのですが、その理由がなんとなく分かってしまいます。

彼は岡山市の保育士募集を見て応募したそうですが、全国的にも保育士の求人は多数掲載されていますので保育士になりたい方はぜひチェックしてみて下さい。

ここまで幸せな仕事が得られれば、人生に悔いはなさそうです。

ゲームでストレス発散していますが

最近の気晴らしといったら、もっぱらパソコンのゲームです。よく子供たちには「ゲームばかりしていたら駄目!」と一定の時間になると強制的に辞めさせていましたが、大人がゲームにハマってしまうと誰もとめる人がいないので大変です。

しかし、ストレス解消には本当にうってつけで、お金を使う訳でもないし、やることをやってからゲームをしているのでいいじゃないと自分を正当化しますが、主人に言わせると「それって時間の無駄と思わない?そんなことするんだったら本でも読んで教養を身につければ?」ということだそうです。

確かに一理あると思うけれど、人に言われて本を読むのは気が進まないし、何も考えずに頭を休めることのできるゲームが一番良い気分転換になっているのは事実です。やっぱり好きなことをやってストレスを解消する時間は欲しいです。

マクドナルドでセットを食べる

このところ、マクドナルドの不振など営業赤字などがニュースになって、イメージも悪化しています。近くのショッピングモールに行くとフードコートに隣接してマクドナルドがあるのですが、かわいそうになるくらいお昼の時間なのに人が入っていないのです。フードコートはお客さんがたくさんいるのに、マックには人がいないのです。

それでたまにはマックと思いセットランチを頼むことにしました。ダブルチーズバーガーにしたのですが、味は以前のままでおいしいし、ポテトも揚げたてのアツアツでおいしい。決して味に関しては落ちてはいないという印象を受けました。しかし、ネガティブな事件などがあったのでそれが影響しているように思います。もう少し新鮮なイメージで、そして印象に残る新商品を出すことができれば上向いていくように思います。マックには頑張ってほしいのです。

なかなか支払えなかった電子書籍の料金

数か月ぶりに電子書籍の雑誌を買い、

番号をメモってコンビニの端末の操作をしてお金を支払いに行きました。

数か月ぶりだったので操作の方法も少し曖昧で、

メモを見ながら操作して番号を入力したらエラーが発生してしまい、

控えた番号を間違えたのかと思って一旦家に戻りました。

しかし控えた番号は合っていたので端末の操作方法を確認してからまた同じコンビニへ行ったのですが、

またエラーを起こしてしまい原因がわからず、

ここで長時間いても何なのでお金を払うことができずコンビニを出ました。

そして今度は別のコンビニへ行きまた端末を操作した時に、

会社のコードとお客様の番号の入力する順番を間違えていたことがわかり、

これでようやく電子書籍の料金を支払うことができ一時はどうなることかと思いました。

その後支払方法を書いたメモの書き方があっさりしすぎていたので、

迷わないようにと書き直しました。

やっと野菜が安くなってきました

最近天気も良く暖かい、花粉症で鼻はむずむず目は痒いがそれ以外はとても過ごしやすい良い季節、あちらこちらで色々な花が咲いていてとても綺麗だ。

気分良く自転車でスーパーに行くとやっと野菜が安くなっていた、冬の間はとても高く節約のためと安いものを選ぶからいつも同じものばかりになってしまう。

いい加減飽き飽きだったからとてもうれしい。

とくに新玉が食べられるのがうれしい、毎日玉ねぎスライスを食べても飽きない、鰹節を乗っけてポン酢で食べると最高に美味しい。

しかしこの季節はメニューを決めるのに少し迷う、鍋を食べるほど寒くはないし、冷たい麺を食べる程暑くも無い。

少ない私のレパートリーから省かれるものが少なからず出てしまう。

いつも同じメニューでは飽きてしまうし何か新しいものを作れるようになりたい、春だからこその食材で美味しいものを作りたい。