ロック・ローズのことをよく思い出します

もう解散してしまいましたが、かつてロック・ローズというアメリカのロックバンドがあったことを最近よく思い出すことがあります。

そのわけは彼らのデビューアルバム中にあった愚か者日記という曲のタイトルが忘れられないからです。

メロディはほとんど忘れましたが、なぜかそのタイトルだけは今でも忘れることができません。

ネットでブログを書こうすると、ブログのタイトルをいろいろ考えてしまうわけなのですが、

いつもその愚か者の日記というタイトルが思い浮かんでしまうので多少戸惑いがあります。

自分ではピッタリだと思うのですがあまりにも当たり前過ぎて、何のインパクトもないような気がするのが辛いのですが、

ただ内容的にはそのものズバリのブログなので中身に見劣りすることはないし、十分その思いは読者に伝わるだろうとは思うのですが、

今のとこまだそこまで踏出す勇気はありません。