おにぎりはサランラップがいいみたい

子供の頃、遠足の際のお弁当に入っているおにぎりは、1個ずつアルミホイルに包んでありました。

他の子がどうだっかは記憶にありませんが、恥ずかしい思いをした覚えもないので、少なくとも非常識ではなかったと思います。

そして、大人になってからはおにぎり用のアルミホイルに出会いました。

水分でビチャビチャにならないように、包む内側に加工がしてあります。

ものすごいアイディア商品だと感心し、しばらくは使い続けていました。

でも、同僚がおにぎりをサランラップに包んできたのを見て、「こういう人もいるんだなあ」と気が付きました。

しかも、彼女のおにぎりはごま塩やおかかがよく見えて、地味なビジュアルのおにぎりなのですが、バラエティ豊かで御馳走に見えます。

彼女曰く、「うちはずっとサランラップを使っているよ」とのこと。

そういえば、ご飯は冷ませばビチャビチャ対策は不要なはず。

勉強になりました。