文通を始めて数年が経ちました

昔からの友人と、ずっとメール、ラインなどで連絡を取っていましたが、数年前から、ライン、メールも使いますが、主に急ぎではない話など、手紙、ハガキに書いて文通をするようになりました。近年では、ポストに広告、請求書以外のものが入らないことも多くあり、友人とお互いに手紙を書いたら、ポストの中をチェックすることも楽しみになるねという話から、どちらからともなく、手紙を書くようになりました。

特に、ハガキは、最近では面白い、可愛い、季節柄のハガキがたくさん売っているため、ハガキを買いにいく楽しみも増えて、毎日がとっても充実しています。夜になり、一日のやらなくてはいけないことが終わると、昨日書いたばかりなのに、また今日も書こうという気持ちになり、連日手紙、ハガキを書いています。手紙が来たから返事を書くという意識ではなく、まるで日記を書いているかのように手紙も書いています。切手も、ポストカードも、便箋も季節柄のものがとても可愛く、春夏秋冬で色々と使い分けています。手紙を書くことで、忘れかけていた漢字を思い出す機会にもなり、とっても良いと思っています。これからもずっと書き続けたいと思います。