海老蔵さんのブログを見て羨ましい気持ちにもなる

小林麻央さんが亡くなってからというものなんだかんだと市川海老蔵のブログをチェックしてしまっているのですが、けれど正直羨ましいという気持ちになるのは否定できないのですよね。いやもう「羨ましい」と思う気持ちが出てきてしまっていると自覚しているものですから。

それは私だけではなく、職場の子持ち主婦の方々は思っていることなのですよね。「羨ましい」は、決して奥さんについてのことではありませんよ。奥さんが早くに亡くなったことは、とても悲しいことだと思い、そして「海老蔵頑張れ!」という気持ちにもなりますよ。そしてまた「海老蔵と麻央の子供たち頑張れ!」という気持ちにだってなっています。

しかし、ブログを見ていますとどうしても思ってしまうのです。「海老蔵んち、めっちゃお金持ちやなー」と。そこがもう羨ましくって。世の中にはどちらか一方の親しかいない家庭は珍しくないぐらいにあるものです。

海老蔵の隠し子の家にしてもシングルマザーなわけじゃないですか(そこを思うと、海老蔵が娘ちゃんのことを書く時にモヤモヤした気持ちになるのですが)。シングルになったとしても、結局財力のある家とそうでない家では背負うものが違うなーと、悪いけれど思ってしまいます。そしてまた、同じくシングルの家にした海老蔵の隠し子の家についても。当人でないと事情はわからないでしょうけれど。