コンディショナーを洗濯機に入れちゃいました!

先日、友達が教えてくれたのですが…

髪の指通りを良くしてくれる「コンディショナー」は、“柔軟剤”としても利用することができるんですね。

コンディショナーは、柔軟剤と非常によく似た成分でつくられているから、これを使えば柔軟剤がなくても、洗濯物を“ふんわり気持ちよく”仕上げることができるのだとか。

で、さっそく試してみました!

やり方は…お湯に適量のコンディショナー(1回につき“ワンプッシュ分”を200mlくらいのお湯で溶いたもの)を柔軟剤のかわりに洗濯機に入れて、普段通りに回すだけ、とカンタン。

ただ…、友達から「コンディショナーはシッカリお湯に溶かすんだよ。十分に溶かしておかないと、溶け残りがモロモロっと洗濯物に付着するからね」と言われていたので、コンディショナーを溶かすときだけは溶け残りがないように気を付けました。せっかく洗った服やタオルに、モロモロっとしたものがペタペタついていたらイヤですからね。

さて、肝心の洗い上がりはというと…

ちゃんと“ふんわり”仕上がっていてビックリ!

イイことを教えてもらったな~という感じです。

コンディショナーが余ってしまったときや、柔軟剤の香りに飽きちゃったときには、“コンディショナー柔軟剤”、また試してみたいと思います。