個人的に古本は傷んでる方が嬉しい

最近良く古本を買うようになった。

子供の頃はなんでも新品じゃなくちゃいけないと思い込んでたんだけど、大人になってからはむしろ古い方が全体的に味があるみたいな考えになってきた。

図書室にあるような本は大抵古本だったから、傷んだ表紙や黄変したページには特に抵抗が無いんだよね。

で、最近はネットの古本屋をよく利用してて、こないだも数冊買った。

どれも一冊1円で、送料の方が高いって言う品物。

綺麗な状態の、それこそ新品じゃないかと思うような物もあれば、

雨に濡れて全体的にしおしおになったのもある。

この場合、しおしおになってる方がちょっと嬉しかったりする。

いや、新品を買ったのにそう言う状態が届いたら「こんちくしょう!」って感じにはなるけどね。

古本を買えば古本が届くのは当然じゃ無いですか。

本の内容も楽しみだけど、本がどれだけ古くなってるかって言うのも古本を買う醍醐味だと思うんだよね。

その点今回買ったのは良い具合に古本だったなあ。

帯の上から何かこぼしたような跡があって、裏表紙の下の方がゴワゴワしてるの。

中身も下の方が黄変してる。

でもページへの折込や書き込みは無くて、読むのにはなんの問題もないって言う状態。

良い買い物が出来ました。