経費を安く自己破産の手続きを行なうには

自己破産を費用を抑えて行なうには、弁護士に依頼するよりも自分で必要な手続きをとることが一番です。

しかし、必要な書類を自分で集めなければならないので時間と労力が必要になりますし、一回で通るとは限りません。

その点弁護士に頼むと多少お金がかかったとしても、手続きを自分で行なわなくていい分楽に行なえます。

弁護士によって依頼料は違ってきますが、テレビ等で宣伝している弁護士は宣伝にお金をかけている分高くなります。

弁護士に依頼するけれども、できるだけ安く収めたいということであれば、まずは法テラスの無料相談に行ってはどうでしょうか。

法テラスではお金の困りごとに関して曜日を限って無料の相談窓口を開いています。

そこでは、弁護士が対応してくれまして、お金の悩み事を聞いてくれます。

そして、債務整理が必要であったり、自己破産をした方が適当だと判断されたら、その弁護士に頼めば自己破産等の手続きを行なってくれます。

この場合は、所有している銀行の口座を教え、財産についても伝えます。

所得証明を提出したり、家や土地の所有権があるかどうか調べられますし、もし、所有権があったり財産があるようなら売却を勧められます。

なければそのまま手続きが進むのですが、実は自己破産の手続きを行なう前に気をつけておいた方が良い事があります。

それは、自己破産の手続きに入る一ヶ月ほど前までは、クレジットカードなどのリボ払いなどで物品を購入しないことです。

これは、予め自己破産をすることを想定して、支払う意思が無いのに物品を購入したと思われてしまい、詐欺行為をしたと判断されてしまう危険性があるからです。

そして、手続きを行なっている最中は例え財産とはいえないようなものでも、オークションにかけたりリサイクルショップに持っていくことも避けた方がいいです。

この行為は余計な疑念を与えてしまい、その結果何回もその経緯について尋ねられてしまうので、その分手続きに時間がかかります。

手続きはケースにもよるでしょうが、大体半年ほどで完了します。

弁護士への支払いは法テラスが行なっていまして、自己破産が成立した後から法テラスに支払っていきます。

支払額は毎月支払える金額を指定します。

なるべく毎月支払うことが大切ですが、最終的に全額払いきればいいので、支払えない月があってもそれほど強い督促はありません。

自己破産のメリットは負債がなくなり、重い支払いの苦労がなくなることですが、何よりそのことで気持ちが楽になります。

デメリットは信用情報が消えるまでお金を借りることが基本的にできないことですが、今あるお金で生活できていれば問題ないので、そういう人はデメリットはないといってもいいかもしれません。

また、自己破産診断センターに相談するのもひとつの方法ですのでネットでもチェックしてみて下さい。