あっという間の進行、老眼は駆け足でやってくる

中年にもなると気になってくるのが「老眼」ですね。

私も40歳を過ぎた頃から気になり始めました。

最初に気になりだしたのはプラモデルを作っていた時でしょうか。細かいパーツを削ろうと目の前に持ってきた時に全く焦点が合わないのです。近眼で眼鏡を掛けていたので試しに外してみると、なんということでしょうクッキリと見えるではありませんか。まぁ眼鏡を掛けていても少し距離を離すだけで問題なく焦点が合っていたので、日常ではあまり不便を感じることはありませんでした。

その後しばらく細かい作業をしていなかったので気がついていなかったのですが、1年程ほど経った頃に眼鏡を掛けた状態だと全く焦点を合わせることができなくなっていました。

その距離は最初に気付いた時の約2倍。

これではもう近眼用の眼鏡のままではプラモデルのような細かい作業はできないですね。

原因として考えられるのは「パソコン相手の仕事が20年以上続いていた」ことです。

それだけの期間一定の距離で目を酷使してしれば、ダメージが蓄積して老化が早くなるのも仕方が無いのかもしれません。それでもたった1年で眼鏡を外さないといけないくらい進行するとは思ってもいなかったので少しショックです。

最近さらに進行してきた感じがするので、近々覚悟を決めて老眼鏡を作りに行こうと考えています。