過去にグレーゾーン金利で借金していたら早めに過払い金返還請求を

過去に貸金業者からグレーゾーン金利で借金していた人は過払い金返還請求を行うと、払い過ぎた利息が手元に戻ってきます。

グレーゾーン金利は利息制限法の上限を超え、出資法の上限は超えていないと言う特徴があります。

出資法の上限さえ超えなければ罰則が適用されなかったため、20%以上29.2%以下と言う高金利が良く見られました。

しかしこれは過去の話で現在では利息制限法の上限を超えると違法となります。

そのため現在の貸金業者ではきちんと利息制限法の上限を守っています。

利息制限法の上限は借入額10万円未満で年20%、10万円以上100万円未満で年18%、100万円以上で年15%となっています。

つまり過去に年20%以上で借金していた場合は過払い金が発生している可能性大と言う事です。

過払い金返還請求には時効があるので、10年と言う時効を迎える前に手続きする事が必要です。

既に貸金業者が金利の見直しを行ってから何年も経過しているため早めに行動を開始して下さい。

過払い金を取り戻すにはまずは貸金業者に取引履歴の開示を請求します。

貸金業者は開示する義務があるため拒否する事は出来ないです。

届いた取引履歴を見ながら引き直し計算を行います。

過払い金は利息を付けて取り戻す事が可能ですので、きちんと利息を付けて請求したほうが良いです。

もし計算の仕方が分からないと言う場合でも計算ソフトがありますので大丈夫です。

過払い金の発生がありましたら計算書を添えて過払い金返還請求書を貸金業者に送付します。

貸金業者と交渉し和解が成立すると過払い金が戻ってきます。

交渉がまとまらない場合は訴訟を起こす事が可能です。

裁判の途中で和解が成立すれば比較的早めに終わりますが、まとまらずに判決が出るまで待つ場合は長期間掛かる事があります。

個人で貸金業者と交渉するのは難しく、裁判ともなるとなおさらです。

そんな時は専門家である弁護士に過払い金返還請求の手続きを依頼する事が可能です。

貸金業者との交渉は代わりに弁護士が行いますし、裁判となってもサポートが受けられますので安心です。

その代わりに弁護士費用の支払が必要ですが、戻ってきた過払い金に対して一定割合の過払い報酬と言う弁護士事務所が多くなっており、費用の持ち出しはありませんので大丈夫です。