春の日の午後に散歩に出かけてみました

日頃の運動不足を解消するため、ウォーキングシューズをはいて散歩に出かけてみました。春は暖かいので外を歩いていると、口笛を吹きたい気分になってきます。住宅街を抜けて堤防にたどり着くと、菜の花が一面に咲いていてとてもきれいでした。

黄色い花を咲かせた菜の花はまぶしいくらいに鮮やかでいつまでも眺めていたくなります。しばらく歩いていると、今度は愛らしいれんげが咲いている場所を発見しました。子どもの頃、友達と一緒にれんげで花輪を作り、頭に飾ったのを思い出します。れんげのそばには、小さなみつばちがぶーんと楽しげに飛んでいました。れんげとみつばちを見ていると、なんとなくれんげはちみつが食べたくなってきます。

公園に植えられた桜の花びらはすでに散り、葉桜になっていました。少し残念な気がしましたが、さわやかな黄緑の葉っぱも悪くありません。葉桜を眺めていると、甘い桜餅が食べたくなります。