運が良いのか悪いのかどうなのか

ふと携帯の着信に従妹から珍しく着信があり留守電を聞くと

「元気?」だけ。

これは何かあったのかと思い深夜だったので翌日かけなおしたら

明るい声で「久し振りー元気だよ」の従妹の声にホッとするのも束の間、

「あばら折って寝てるけど」

慌てて彼女の家に食料差し入れと見舞いを持って行くと

普通に起きてて笑顔で「ありがとう」と出迎えてくれました。

何でも日頃あまりに動かないから少しは運動しろと夫に言われて

ぶらり散歩がてら家の側を歩いてたら水路か側溝に落ちてしまい、

暫く意識を失っていて、「あれ?呼吸苦しい」と思いながら目が覚めて

そのまま近くの個人医院に連れて行ってもらったらあばら数本折れていた

と明るく笑いながら事の端末を教えてくれましたが、

打ち所が悪く水の流れが強かったら確実に命を落とします。

あばらだから入院もないので、痛い目に遭った彼女には悪いのですが

それで済んで運がいいなと思いました。

しかし従妹は「何で私だけこんな目に」と明るさは消えネガティブになっていきました。

今は寝てるしかないし不自由でまだ痛いだろうから仕方ないと思い聞いていたら

「でも私骨密度やたら高いからね!」

良かった少し明るいと安堵したら次は

「一生私こういう運命なんだ」

よく解らん運命につきノーコメントで帰宅しました。