離婚をする時は、心を鬼にして戦っていくべきです

人間好いた惚れたの真っ只中なら良いのですが、そのような熱もいつかは収まっていくものです。するとその熱情も、時間が経過していくにつれて恋愛感情ではない愛情が育まれていくことになるのでしょう。

ところが、そうではない夫婦も世の中には存在しています。そうした夫婦が取る手段は離婚なのですが、離婚もそのきっかけによってその後の展開が大きく変わっていくものです。

離婚で揉めるのが親権や財産権についてだと思いますが、離婚の原因が片方の不貞行為、つまりは不倫であれば主張は殆ど通らなくなると言っても良いでしょう。特に親権については、不倫をした側が獲得できる可能性はほぼ皆無と言っても良いです。

ところが、財産権であれば結婚後の収入によって左右されてしまうので、案外と勝ち取ることはできないんですよね。そこで不倫をされた側が声高に主張することが出来るものが、慰謝料の請求です。

慰謝料は肉体的、もしくは精神的に苦痛を受けた場合に得ることのできるもので、訴えられた側からすれば懲罰的な意味合いになります。これこそが、不倫をされて離婚を主張する側の最後の意地になるわけですね。ちなみに離婚慰謝料と年齢は特に関係はありません。

ただし、何でもかんでも慰謝料を請求することが出来るわけではありません。弁護士に相談の上、色々と法律を味方に付けなければ相手方の弁護士に良いように言いくるめられてしまう可能性もあるのです。

不倫や浮気が原因の離婚に関しては、慰謝料を高めに請求することが出来ます。社会的な倫理に反する行為にもなりますので、仮に裁判になったとしても相手方の心象は非常に悪いものになります。そこに畳み掛けるように法律の考え方を用いれば、その時点で慰謝料に関する争いには勝利をしたと言っても良いでしょうね。もっとも、訴えられた側も自分自身の脛の傷を理解しているでしょうから、そこまで大きな争いになるケースも少ないですが。せいぜい、慰謝料の減額を求める程度でしょうかね。

いずれにしましても、不倫をするような輩は捨て置くことはできません。一時は愛し合った仲なのでしょうが、そこで甘さを見せてしまえば大きな不利益を被る可能性もあります。ここは心を鬼にした上で弁護士を味方に付け、是非とも離婚と同時に親権や財産権、そして慰謝料を勝ち取ってほしいですね。