通風の食事療法で自分の食事のバランスを意識する

通風にかかっているのかどうか判断に迷うことがあるならば早めに病院で診察を受けて薬をもらうのが一番であり、尿酸値を下げることが大切になりますが、その薬を飲んでいればいいというものではなく、普段の食生活を改善していかなければなりません。それが痛風の食事療法というものであり、バランスの取れた食事を心がけることでその病に対処することができるのです。では具体的にはどのような食事がよいのでしょうか。

これまで暴飲暴食が大好きな人が通風になるケースが多いのでそれが原因であればそれを改める必要があります。通風によいとされているものにはイチゴやブルーベリー、ヨーグルト、そして水をたくさん飲むことです。水分不足はとても危険であり、水分はいつも多く摂取するように心がけること、同時に避けるべきものを避けることも必要になります。例えば通風を発生しやすいものの中には、ビールがありますのでアルコールはできるだけ控えたほうがいいでしょう。その他明太子や白子、ウニ、カツオやマグロサンマなど海に関係する食べ物はあまりよくないといわれています。とはいえ個人差があり、これらを食べても痛みが出ない人もいますので絶対ということはありません。基本はバランスであり、健康によいものを食べることであり、そのすべてを適量にするということです。偏食を避けて野菜を食べることができるでしょう。通風と仲良く付き合っていくとやがて食べ物との相性がわかってきて、避けるべきもの、そして大丈夫なものを理解できるようになります。