ウォルフガングは、どんな生き方

西洋史を紐解いた場合、ある一人の作曲家に出合います。

すなわち、絶対主義から啓蒙主義にかけて生きた、モーツァルト(1756年から1791年)です。

モーツァルトの父も、音楽家です。

彼の生涯は、35歳という、とても早いものです。

音楽学上の区分としましては、複数存在します。

どの年齢区分でも、モーツアルトの天分は知られています。

それぞれの出来事に応じて、彼の作品の内容が吟味されます。

もちろん、作品のジャンルにも、複数存在します。

例えば、器楽曲(ヴァイオリン、ピアノなど)、交響曲、コンチェルト(ヴァイオリン、ピアノなど)、声楽曲、オペラなど、色々あります。

もっとも、年齢の区分に則して、作品を分類する事によって、モーツアルトの生涯を総括する方法が、人口に膾炙される方法であると考えられます。

例えば、母が亡くなってしまった事は、作品の持つ意味付け、位置付けにとって、必須の要因を提供する事になります。

これらを俯瞰する、音楽学上の、或はコレクターからの説明は、良く知られる所です。

より安全な通説的な見解に従う限り、やはり誤解を恐れずに鑑賞する事ができるでしょう。

他方で、さらに、年齢区分を微視的に考察する事で、若干、講学上の話題を得る事ができるように思います。