何か手伝わされるのが嫌で出かける

妻が甘いものをが食べたくなったようで、台所で何か作り始めました。私はこのまま家の中に留まっていたら何か手伝わされそうな気がしたので、自動車のキーを持って外出しようと私が玄関で靴を履いていたところに妻がやってきて来たのです。

私は、「出かけるのが少し遅かったのか。」と思いました。妻から出かけるならば帰りにこれ買ってきてと言って、メモを渡されました。私は、何かを手伝わなくてよかったので、それに気をよくして妻からのメモを受け取りました。駐車場まで歩きながらそのメモを眺めてみるとそこには「小麦粉、砂糖、クラニュー糖、イチゴ」と書いてありました。

私は、本屋でも行って時間をつぶそうと思っていたので、スーパーマーケットに行くのも悪くないと思い妻に渡されたメモを持ってスーパーマーケットへの自動車を走らせたのです。