本田健さんのお勧め本

本田健さんと言えば、自己啓発、お金、ビジネスなどの本を数多く出し、セミナーも数多く開催しています。あなたも彼の本を読んだり、本田健 セミナーに参加したことがあるかもしれませんね。私も彼の本は何冊か読んだことがあります。私が読んだ彼の本の中で、良かった本を紹介します。

その本は、『ユダヤ人大富豪の教え ―ふたたびアメリカへ篇』です。ユダヤ人大富豪の教えシリーズは彼の代表作で、本田健さんというとお金やビジネスというイメージですが、ふたたびアメリカへ篇は人間関係について書かれています。彼の今までのイメージと少し違っている本です。

本の内容を簡単に説明すると、人間関係のマトリックスはポジティブーネガティブの軸と自立ー依存の軸から成り、ポジティブ自立、ネガティブ自立、ポジティブ依存、ネガティブ依存という4つのタイプがあり、相手によって立ち位置が変わるということです。理想的なのは、自分の立ち位置と相手の立ち位置を把握して、お互いがセンターに近づくようにすることです。

確かに考えてみると、私も相手によって自分がネガティブ自立に居たり、ポジティブ依存に居たりとしていることに気が付きました。人間関係は人生を区福にも不幸にもします。人間関係を調節して幸福になるという点で、ふたたびアメリカへ篇は良い本です。