比較、ランキングサイトを利用してベストなFX口座を見つけよう!

老後のため、夢のため、それぞれの理由でこれからFXを始めようと思っている人は多いはず。そして最初につまづくのが、FX口座選び。

FXは、専用の口座を開かなければスタートすることはできません。

FX口座をどうやって探すか、決まっていますか?きっとインターネットで検索してみますよね。そうするとFX口座のランキングサイトとかFX会社比較などなど、出て来ます。

ここで、調べ方のコツをご紹介します。

コツ①は、検索方法。「初心者にやさしい」「発注方法が簡単」というような言葉を付けて調べてみてください。とても親切なブログがたくさん見つかります。

大切なのが時短のための下準備。なぜFXをしてみたいのか書き出してみましょう。

FXでいくらの資金を自分が用意するか、目的はなにか、操作の難しい業者は嫌なのか、キャッシュバックや食品プレゼントがあるほうがいいのか、などなど。

日本のFX会社では、お客さんの多くのわがままが叶うキャンペーンも沢山あります。選ぶだけでも楽しめるのですが、そればかり見ていると時間がすぐ過ぎてしまうのです。

あらかじめ決めていた条件でサッと絞り込んで見ていくほうが良いですね。

コツ②、そして、大雑把なめどが付いたら、いよいよ知っておくべき専門用語を使って絞り込み。

FX会社を選ぶときに避けて通れない用語は「スプレッド」「スワップ」です。「スプレッド」は通貨ペアの売り価格と買い価格の差。「スワップ」は通貨ペアを持っていると付いてくる利子です。

比較サイトには必ず書いてあるので、先に理解しておくとスムーズに調べることができます。

スプレッドは小さいほうが、スワップは大きいほうが一般には良いのです。例外はありますが、最初はこう覚えるだけにしておきましょう。

コツ③が最も重要です。FXに使える資金額が決まったら、その業者ごとのロット数を確認します。

1,000通貨単位で取引できるところ、10,000円通貨単位からでないとできないところがあります。

こちらは、資金が充分だと思えるかどうかで決まってきます。

このくらいでだいぶ絞り込めるはずですので、あとは好きな講師のセミナーがあるとか、そういうお好みで選べば大丈夫です。

日本は規制も厳しいため、検索で上のほうにある比較サイトで、かつ人気の業者でしたら、まず不安なく使えると思って大丈夫なはずです。