毎日24時間離婚を考えています

喧嘩や、パートナーの不倫や浮気が原因で離婚を考える人はけっこういると思います。

それはわたしが友人やママ友、身内からよく相談を受けるからです。泣きながら語り続ける人もいて(このままだとほんとうに離婚してしまうかも…)と心配になるので、一生懸命話を聞き、愚痴を聞いたりフォローしたりするのですが、たいていは数日後に元さやに戻り、仲よくやっているのでいいなぁと思います。

というのも、わたし自身は毎日24時間、ひどいときは寝ているときも離婚を考えているからです。みんなはわたしが自分のことを一切言わず、聞かれても適当にはぐらかしますし、主人は見た目に気をつかっているので年齢よりは若く見え、そのうえ外面がよく、そこそこ有名な企業に勤務しているので(車、自転車、スーツ、時計、トレーニングウェアはかなりお金をかけています。ちなみにわたしは1シーズンにカットソー1枚買えればいい方です)、うらやましがられ「喧嘩どころか言い合いもしないでしょ?うらやましい!」などと言われますが、実は主人は家の中では不機嫌で横柄、機嫌が悪いとイライラをぶつけて、わたしを家政婦のように扱っているので、主従関係のようなものができこちらからは話しかけられなかったり、何も言えないだけだったりするのです。

ひどいときは、ワイシャツのシミが落としきれず、そのシャツを着て会議に臨みたかったという理由だけでDVを受けました。ひっぱたかれたり足蹴にされることが何度もあったので、こわくて今は目も合わせられません。

そのDVはふたりのときだけで、子供がいる時は一切ないのが救いです。

お互いの実家での集まりや、友人やお世話になっている人を我が家に招いてのパーティーなどではよき夫、よき父を徹底的に演じ、なぜかとっさにつく嘘話で「こずかい減らしてくるんだよ、なのにじぶんは化粧品やランチにお金かけているんだぜ?」「こう見えて鬼嫁でさ、あごで使われてるよ」などと言うので、「だめよ、もっと大事にしなきゃ」などと一斉にダメだしをされたりするのでとても悲しくなります。

こっそり抜けて寝室まで行って泣き、何事もなかったように戻って明るく振る舞うこともなんどもありましたが、いちど主人にばれ、お開きになったあとにひっぱたかれたことがあるのでいまは泣きたくても泣けません。

不動産も慰謝料も要りません。とにかく子供が20歳になったら離婚する、それだけを励みに生きています。

子供は成人し財産で争うつもりはないので家庭裁判所のお世話になることはなく、離婚の届け出だけで済むはずです。

うまく行かなかったら離婚について相談できるところ(http://rikon-bengosi.tokyo/)もあるようですので、いろいろと今後のことも考えたいと思います。

それまではおとなしく耐えてみせます。